忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 05:03 |
USB AM/FMラジオ
少し前は深夜のラジオ放送を好んで聞きまくっていたのですが、ここ最近はいろいろと時間がなくなってしまったわけですよ、夜勤でその時間仕事していたりしますから。しか深夜放送を録音したいが為にコンポを買うのもアレじゃないですか。

なので先日、デジタルカメラを買うついでに買ってきました、「USB AM/FMラジオ」。

R0010034.JPG

初めてこういうパソコンでラジオを聴くためのものを買ったので、何かと比べたりすることはできませんが、少なくとも普通のラジオと同様の性能は持っています。電波状況が悪くても付属の、電気の実験に使うみたいなアンテナがついていまして、

R0010038.JPG

これを本体側と、もう一方の乳首につけたら絶対痛い方を窓枠とかメタルラックとかにはさむとかなり受信感度がよくなります。そして肝心の予約録音ですが、見た目がかなりしょっぱいこれです。

usbradio090405.jpg

残念な点がいくつかあり、

 ・このソフトを起動していないと予約録音がはじまらない
 ・ソフトをミュートにしていると録音してもミュート状態(音が入らない)

つまり、予約録音をするためにはラジオを垂れ流し状態にする必要があります。録音前に自動起動して録音とかだめなわけです。これが残念。そしてとりあえず起動していても、この音量バーは独自の音量バーではなく、PC内のメインボリュームと連動しているので、このソフトにてミュートにするとPC内の音がすべてミュートになります。これも残念ポイント。

ソフト的な残念ポイントで一番どうしようもないのは

 ・起動しているときにラジオを再生しない、ということができない

ラジオの垂れ流しがうざいのであれば再生させなければいいと思ったのですが、残念ながらソフトを起動したらラジオが垂れ流しになってしまい、とりあえずソフトは起動しているけどラジオは受信しない、みたいな設定はないんですよ。これがほんと残念。

つまり、何かを録音するためには、

 ・ソフトを起動する
 ・ラジオの音がうざいのでPCのスピーカーを切る

な感じでしょうね。ちょっと残念。でも使わないだめPCとかにこれをつなげて垂れ流しにすれば解決ですよね。録音したMP3ファイルはネットワークディレクトリみたいなところに保存するようにすれば、「とれてるかなー、おーとれてるとれてる」っていう、どこかのp2pソフト的なテンションでラジオを取得することができます。ちょっとしたラジオサーバー的なものを作ってしまえばいいわけですね。ちょっといらないPC探してくる!

p.s.
よく考えたらタスクとかで起動させれば、少なくとも垂れ流しってことはなくなりますね。
PR

2009/04/05 09:54 | Comments(0) | TrackBack(0) | 戯言

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<PS3とPSPのタッグが最強すぎる件 | HOME | カメラ復活大作戦>>
忍者ブログ[PR]