忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 05:06 |
9周年
どうなっているんだまったく。

実は数日前の1月26日で、375presentsは9周年になりまして、今は10年目に突入しているのです。まさかの10年目。びっくりですね。こんな糞みたいなサイトを9年間も続けていたんですよ。まったく仕事をしなさいって話ですよ。

ここ数年は「○○HIT!」とか「○○周年!」とかそういう「Webサイトの記念日」みたいなのを楽しもう楽しもうとして色々としていたんですよ、キリ番をゲットした人は言ってね、とかね。でも誰も参加してくれないんです。もうほんと悲しくなるくらいだれも参加してくれなくて、で、とうとうやらなくなっちゃいました。

いいですか皆さん、別にやらない分にはいいんですよ。あと「やろうぜ」といわれてやる分もいいんです、別に面倒とかじゃないんです。問題は「みんな!サイトの記念だよ!」って呼びかけても無視されるっていうこの疎外感っていうか、一人ぼっち感?もうね、味わいたくないわけ。小さい頃を思い出しちゃうわけ。

あれは小学校何年生だか忘れましたけど、まぁ小さい頃ですよ。まだ陰毛とか生えてなかったし、雷もたいそう怖がっていました。昼休みの時間に窓からの光を浴びながらまどろんでいたら、校庭に一つの本が落ちていることを発見したんです。

たしか私は3階あたりの教室にいたので、本のタイトルはおろか、本なのかどうかもわかりませんでした。その日はその本らしきものが気になっていて、授業に手がつきませんでしたよ。というか、過去のお話をすぐに忘れてしまう私が覚えているくらいですから、相当気になっていたんでしょうね。

さて、放課後になりました。お前は校庭の監視カメラかってなぐらい校庭を眺めていたので、本らしきものがちゃんとあることも確認していますし、誰も近寄っていないということも確認済みです。体育の時間も大丈夫でした。

学校を出て一目散に駆け寄ると、やっぱり本でした。題名は覚えていないのですが、内容ははっきりと覚えています。私が始めてみたエロ本ですからね。はっきりと覚えていますよ。このエロ本のおかげで私の思考があまりよろしくない方向になったといっても過言ではないくらい衝撃的でしたよ。

陰毛もはえていない小学生がエロ本を拾う。ここまでは別にどうってことありませんよ、むしろほほえましい光景です。男子小学生ともあろう子供がエロ本の一つや二つ拾わないと大人になれません。むしろエロ本がよく捨ててある場所をチェックとかするでしょうよ。

小学生のときはちょっとしたエロでも「えろーいえろーい」なんつって反応するじゃないですか。少年漫画でもおっぱいが出れば反応しますよ。デビルマンとかおっぱいが出るたびにぴくぴくしてましたし。このちょいエロ漫画という文化はとても大事です。

375presentsの読者はエロ漫画を朝な夕な漁っている方々だと思うので分かると思いますが、エロはエスカレートするんです。この前までちょっとした大人のおもちゃを使用したプレイで満足していたのに、今や浣腸プレイ、なんてことはよくある話しじゃないですか。

エロには限界があります。行き過ぎるとエロなのか面白なのか分からなくなってしまいます。昔見た脱臼もののAVとか面白すぎて抜く抜かないの騒ぎじゃありませんからね。行為に及んでいる最中に腕ひしぎ逆十字で腕を脱臼させるってもう意味がわかりませんよ。

しかしながらエロを求める心の需要に対して、エロバリエーションの供給はどんどん少なくなっていきます。人生はすべからくエロが必要なのにも関わらず、どんどん満足できるものがなくなっていくのです。

つまり、最初が肝心なのです。最初は少年漫画のおっぱいで興奮できるレベルから初めておけば、徐々に過激になっていったとしても長らくエロライフを楽しめ るわけです。だからエロ本は18歳未満が買えないのです。18歳になってからじゃないと供給が間に合いませんよって意味なんですから。

さて、最初が肝心なこのエロ本。私が校庭で拾ったエロ本は何だったかというと、えー、まぁこれが、なんというかその、セーラームーンのふたなりアンソロジーでした。

いやもうこれのすさまじいの何のって、すごいんだからもう。みんなが電影少女がどうとか言っている時にセーラームーンのふたなりアンソロジーですよ。そ りゃ20代前半にして供給がストップしますよ。そりゃエロ漫画を普通の漫画として電車でうっかり読みますよ。そりゃ「現実でできない行為でも漫画ならでき るという点で、エロ漫画という文化は素晴らしいものである」とかわけのわからないことを真顔で言いますよ。

最初のエロ本って何か覚えているって人が多いじゃないですか。私が拾ったエロ本のタイトルがさっぱり出てこなくて、ふたなりアンソロジーっていうことしか わからないんですよね。でもどれだけ様々なエロに触れてもこの記憶にだけあるふたなりアンソロジーを超えられる気がしません。また見たい。

で、小学校の後半に入るとみんなませてくるわけですよ。学校の机に想像の女性器とか一杯書いちゃうわけ。当時のエロ漫画は松本館の事件が起きる前ですし、 ましてやアンソロジーでメジャーどころからの出版じゃなくて普通の商業誌でしょうから、修正も申し訳程度なわけです。つまり周りの男子小学生がホクホク顔 で想像女性器執筆大会を繰り広げている中、私は結構リアルな女性器を書けるわけです。

ただその女性器を書いたらバカにされたんですよ、なにそれみたいな感じで。そしてあいつおかしいみたいな。で、変な空気が流れて孤立するみたいな。あの頃 の友人らがいまどうしているのかわかりませんけど、きっとyurfileなんとかで女性器をみて「あいつの言っていたことは正しかったのか」とかそういう 感覚に陥った挙句に男性器が痒くなっちゃっていればいいと思います。

とまぁこんな感じの一人ぼっち感がよみがえるわけですよ。世の中には正しいことでも言わない方がいいことがあるって小学生の時点でわかってましたからね僕は。それからは静かに静かに暮らしていましたよ。大沢君が間違ったアナルいじりをしていても黙っていましたよ。大沢君は痔になっちゃいましたけど、それは 僕の保身のためで仕様がなかったんですよ。元気にしてるかな大沢君。前立腺がんとかになっていなきゃいいけど。

ってなわけで今回の9周年も別に祝ったりする気はこれっぽっちもありませんので私が「記念に何かするよ」なんてことは一切言いませんけど、まぁもしも、も しもですよ。もしもあなたが「記念やりましょうよ」なんてことを言った場合は、いやいやないとは思いますけど、もしも誰かが「記念やりましょうよ」なんて 言い出した場合は、決してやりたいというわけではありませんけれども言われちゃったらやりますよ、ええやります。
PR

2010/01/28 10:45 | Comments(3) | TrackBack(0) | 戯言

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

9周年おめ。
10年目に突入してるなら10周年じゃない?
posted by kar at 2010/01/28 12:11 [ コメントを修正する ]
Re:無題
>9周年おめ。
>10年目に突入してるなら10周年じゃない?

え、そうなの。どちらにしても相当長い期間だらだら続けているってことに変わりはないから、めでたいやら悲しいやらは変わらないわけですよ。めでたいめでたい。いろいろなことがありましたけど全部忘れました。
2010/02/01 11:07
そんなになにかしたいのね。
色んなところの毛を周年の本数だけむしって、
痛さを比較するとかどうかな!?
posted by しう at 2010/01/28 18:00 [ コメントを修正する ]
Re:無題
>そんなになにかしたいのね。
>色んなところの毛を周年の本数だけむしって、
>痛さを比較するとかどうかな!?

いやいや別に何かしたいってわけじゃないんですよ、いやしたくないってわけでもないんですけどね。痛さ比較はいいですね、是非やってください、僕は嫌です。優勝候補は鼻の増したかアヌス周辺ですね。よかったら抜く役をやらせてくださいよ。
2010/02/01 11:09
9周年とな
ならば今年中に9回サイトをリニューアルすればいいんだな。
そうすればXHTML+CSSの知識がもっと身につくんだな。
頑張れ、なんだな。
posted by halford at 2010/01/29 01:43 [ コメントを修正する ]
Re:無題
>9周年とな
>ならば今年中に9回サイトをリニューアルすればいいんだな。
>そうすればXHTML+CSSの知識がもっと身につくんだな。
>頑張れ、なんだな。

9回は流石に多すぎだけど、9回くらいできるくらいに、基本的な部分を作り直したほうがいいよね。いまのデザインはテーブルを多用しすぎで、もうCSSに関する団体が見たら失神するレベルだからね。そこらへんはどうにかしたいところではありますよ。pタグを一個も使ってないって、最近じゃたぶん珍しい。
2010/02/01 11:10

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<お屠蘇気分はこれからだ。 | HOME | iPhoneのはなし。>>
忍者ブログ[PR]