忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 05:06 |
映画館へ行った。
私を名前で呼んでくれたら、君と私は友達。
どーも、375です。

ここ最近はよく映画館へ行っております。私は大の映画好きなんですけども、別に映画館じゃなくてもいいでしょ、なんて思っていました。しかしこの間夜勤明けに見たアバター3Dがすごくて、これは映画館に行かなければ味わえない、なんて思ったら、私の中で映画館へ足を運んで映画を見ることに価値が生まれたのです。

アバターはすごかった。ストーリーは置いておいて、映像が素晴らしかった。従来の3Dといったら、向こう側から飛んでくる斧とか破片だけ立体ですけど、他は普通です、みたいなものなんですけど、アバターはフル3Dですから。全部3Dです。ほんとに全部立体。

この世界観がすごい。うらやましい。アバターの感想は一言、「うらやましい」。パンドラという世界が舞台なんですけど、この世界がカラフルなことカラフルなこと。映画館から出たときに、あれちょっと色彩薄くない、とか思っちゃうくらい鮮やかです。ストーリーは置いておいて、この世界がうらやましくて涙が出ますね。感動とかじゃなくて、うらやましくて涙がでます。

さて、そんなこんなで映画館によく行きだしまして、先日も映画館に足を運ぶ予定がありました。17時30分に映画館の前で待ち合わせねー、なんて約束になっていたのですが、ちょっと浮かれちゃいましてね、16時くらいに家を出ました。映画に誘われるなんて久しぶりだったので、たいそう浮かれていましたよ。

ちょっと浮かれすぎちゃったのかな、最寄り駅まで自転車で向かったんですけど、その途中でヤンキーに絡まれましてね、いやもうえらいめにあった。

痛いことはもちろん、喧嘩なんてもってのほかな375さんですから、いくら安値で喧嘩を売られようとも買いませんよ。あげるって言われてももらいません。よくわからないことを言って煙に巻こうとしたんですね。そしたらこれが面白くなっちゃって。

「いま僕は駅に向かっていまして、これがとても急いでいるんですよ。とてもといっても生半可なとてもじゃないですよ、すごいとてもです。このすごさときたら自転車のチェーンから火が出るレベル。いやいや話を聞いてくださいよ、この急いでいる用事というのが実はですね、僕のおばあちゃんが死にそうっていう連絡をうけましてね、ほら、僕からみておばあちゃんってことは、あっちからみて僕は孫じゃないですか。孫としておばあちゃんが死ぬ前に財布からお金を盗んだこととか謝らないといけないななんて思ったわけですよ。ええ病気です。たしか捻挫。いやいや落ち着いてくださいよ捻挫でも人は死ぬんですよ。まぁね捻挫といえばUFOですけども、このUFOというのはアダムスキー型というのがありましてね、わけわかんねぇことじゃないですよ、まぁ話は聞いてくださいよ、この話が後々生きてくるわけですよ。このアダムスキー型っていうのはその名の通りアダムスキーさんって言う人が考え出したからそんな名前なんですね。さておき、司法試験なんですけども、これの願書の締め切りが今日、っていうことでこれも急いでいるんですね。司法試験っていうのは長い間勉強をしなくちゃいけませんから、もうね、これを出し忘れたら僕の1年間が無駄になっちゃいますから。スパゲッティはカルボナーラがすきです。」

ヤンキーの頭の上がクエスチョンマークでいっぱいになりだしたころ、ふと携帯電話の時計に目をやると、17時28分。遅刻決定ですよ、大決定です。よくわからないことを高速で喋る人を1時間以上相手にしていたヤンキーもすごいですけど、それより映画です。映画の待ち合わせに遅れちゃう。しかも事前連絡もしてない。これはやばい。

「というわけで映画を見に行くんでばいばい」

え、いままでの話は、みたいな、鳩がバズーカ撃たれたみたいな顔してましたよヤンキー。ほんとは2時間も3時間も続けた挙句に「というわけでジュースを買いに行くのです」とかどうでもいい要件をいってポカンとさせたかったのですが、そうはいってられません。

ヤンキーがハングアップしているすきに自転車にまたがって駅へ向かいました。この勢いはすごかった。肛門にサドルの前のほうが突き刺さりましたからね。死ぬかと思った。そして高速で足を回転させているさなか、携帯電話で友人に連絡です。

「事故 遅れる」

もうね、余裕がまったくありませんから、これだけです。駅前の駐輪場に真横にスライドしながら止めて、駅までダッシュです。自転車で体は温まっていますから、このときのダッシュはとても綺麗なフォームだったと思います。走っている途中に写真をとったらたぶん時をかける少女みたいになっていたと思う。そのくらい綺麗だった。陸上の血が騒ぎましたね。

そして駅の電車を見てみると、「次の電車は17時47分」という表示。調べてみると、目的の駅に着くのは17時58分の模様。上映時間は18時。おいおい、どういうことだいハニー。とりあえず転がり込むように電車に乗り込み、出産でもするのかよってくらい息を荒げながら友人へ状況連絡。

「駅前につくのは17時58分。映画館への道は把握済み。受付で待ち合わせでいいですか。」

「宣伝ないから1分前に来てください」

冗談きついぜハニー。宣伝ないなんてはじめて聞きましたからね。いっきに疲れた。電車にのっている最中も気が気じゃない様子で携帯電話を見ていました。映画館への道を頭に叩き込んで、目的の駅につくころにはもう、ドアの前でクラウチングスタートしているくらいの気迫でしたよ。

目的の駅に着いた、ドアが開いた、東口付近の改札を出た、目的地は西口、西口へ全力疾走、西口付近にある建物に到着、これで1分経過ですよ。奇跡の速さ。たぶん100mだったら世界新出てた。

その西口付近にある建物の中に映画館があるんですけど、地図を見たら

映画館 8階

超走りましたね、もうすごかった。エスカレーターを2回すっころびながらかけあがって、7階に到着したんですけど、なぜかエスカレーターが7階までしかないんですよ。

すぐさまそこら辺にいる店員をひっつかまえて、尋常じゃない息遣いで、

「映画館・・・ハァハァ・・・映画・・・ハァ・・・」

「8階へのエスカレーターはあちらです」

神対応。よっすみたいな手の動きだけでお礼をしてその方向へ走り、階段を駆け上ると目の前が映画館、はいここで18時過ぎ。友人が待っていてくれまして、なんとか入場することができました。

宣伝ないとかいうのは間違いで、ちゃんとあったんですけど、いやよかった、間に合ってよかった。もうね、久しぶりに全力以上の力を出しちゃったもんだから、アドレナリンがすごい出ちゃっているみたいで、もう映画を見る気合が全然違いましたね。

859d07a4.jpeg

見に行ったのは魔法少女リリカルなのはっていうアカデミックな映画なんですけど、すごい面白かったです。テレビ版を見たことが無かったんですけど、それでもちゃんとストーリーがわかるような作りになっていて、いやはや面白かった。

なのはのことが大好きな友人がいまして、その友人に誘われたんですね。で、終わったころに「どうだった?」なんて聞かれたので、「同人誌の元ネタがわかってよかった」といったら怒られました。まじめな話、面白かったのでみんなも見に行くといい。フェイトを抱きしめたい。

というわけで、375映画館へ行くというお話でした。ではでは。
PR

2010/02/11 03:12 | Comments(0) | TrackBack(0) | 戯言

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<動画配信 | HOME | ディスプレイ買った。>>
忍者ブログ[PR]