忍者ブログ
恐らく注射器は進化している
またもや、インフルエンザの予防接種をしてこい、とかいう命令が出たので、あれって勘で「これが流行るんじゃね?」とかで打ち込んでるわけだから違ったら意味ないでしょ、とかは一切口に出さず、今日の午前中に行ってきました。



すごいですよ。いやね、何がすごいって全然痛くないんですよ。やぶ蚊に刺されたときくらいです。恐らくすごく細い注射針なんだと思うんですが、すごかったです。痛くないですからねー、と言われて痛くなかったためしがありませんが、今回は本当に痛くありませんでした。いや、すごかった。あれであれば全種類のインフルエンザウィルスを体に打ち込みたいですね。たぶんインフルエンザになりますけど。

人体改造嗜好の方々がよくやっている注射器を体にぶさぶさ指しているやつですが、この注射器ならいくら刺しても大丈夫そうです。でも恐らく彼らの嗜好は痛いからこそだと思うので、そこそこ痛いのでやっているのでしょうね。一回でいいから生で見てみたいです。では、今日はこの辺で・・・。
PR

2008/12/07 20:34 | Comments(2) | TrackBack(0) | 戯言

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

今年から注射の方式が変わったとかで皮膜注射な感じでした。
筋肉注射みたいな感じだったのに去年までね・・・おかげで3日間腫れていた・・・薮じゃないよねえ・・・
posted by dejon at 2008/12/13 13:19 [ コメントを修正する ]
なるほど!それでまったく痛くなかったわけですか。いやほんと、インフルエンザの予防接種はリスクが多すぎです。これだったら寒風摩擦をしていたほうがいいと思います。
posted by 375 at 2008/12/14 03:58 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<PUMA | HOME | 不思議で素敵な佇まい>>
忍者ブログ[PR]